「親子木工教室」まどりセミナーNo.23報告

大工さんと作る木工教室

大工さんと
大工さんと

 夏休み恒例となった親子木工教室も今回で5回目。
すくすくこいす(踏み台)と1本足の下駄の工作キット2種類と自由製作の杉板を用意。 今年は建設会社の若い大工さんたちに教えていただきながら、親子で思い思いの作品に取り組みました。
 昼食は流しそうめんです!建設会社が、前日に切っていただいた大きな竹で、作業現場に流しそうめんの装置が 設営されています。お椀も竹でつくられるという細やかな気配り。そうめん流しが始まると、 歓声をあげて、箸を動かすこどもたち。食欲も旺盛です。
 午後からも引き続き、熱心に制作に取り組む参加者。モノづくりの楽しさを満喫された一日でした。


参加者の感想

神戸市 T・Mさん

工作はもとよりそうめん流しもして、とても楽しかったです。
そうめんを流すのは一度やってみたいと思っていたので、今回できて嬉しかったです。
本立てと鉛筆立てを作るときは、ほとんど大工さんに手伝ってもらったけど、ノコギリで切ったり 釘を打ったりする作業が大好きになりました。また参加したいです。

寝屋川市 K・Tさん

とても楽しかったです。そうめんがおいしかったです。

箕面市 N家 母さん

親子(特に父子が・・・)ともども楽しんで過ごせました。流しそうめんも喜んでいました。

吹田市 I・M&R親子さん

初めての参加でしたが、とても楽しく出来ました。一枚の板からとても素敵な作品が出来上がって、 親子ともに大満足でした。ありがとうございました。大工さんにも大変お世話になりました。感謝2。

吹田市 I・Yさん

木を通して、親と子でひとつの物を作り上げる楽しさを体験することが出来ました。 途中、危なっかしい場面もあり、何度も手伝おうか迷いましたが、そつ無くこなす子どもに驚きました。
これからもどんどん、自然と触れ合える場作りをしていって欲しいです。自由工作を選択しましたが、 いいアイデアが浮かばなかったので、工作キットがもっとあればよかったです。
流しそうめんのダシがおいしかったです。アイデアもいいですね。

吹田市 S・Aさん

キットを使うと簡単かな?と思っていたら、結構大変でした。でも、とっても楽しかったです。
また、参加したい!と思えるセミナーでした。


お母さんと。
お母さんと。
自分で。
自分で。

大工さんに用意して頂いた本格的なそうめん流し装置
大工さんに用意して頂いた
本格的なそうめん流し装置。
そうめん流しにも挑戦
そうめん流しにも挑戦。
↑ ページの頭へ