「"学べる屋台"で森や木に触れてみよう」セミナーNo.40報告

 NPO法人まどりでは、子どもたちの想像力を育て、環境への関心を高めるため、山の見学会や国産材を 使った、ものづくり教室を開催しています。
大阪府環境保全活動補助金活動として、2月14日(土)茨木市市民総合センターで開催したセミナーは26名の参加者 があり、親子で奈良県川上村の「森と水の源流館」の"学べる屋台"でわかりやすく楽しく自然環境を学び、小枝で ペンダントやキィホルダーも作りました。

  

参加者の感想

子どもにとっても大変ためになるセミナーでした。(わからないなりにも何かを感じていたと思います) 工作は夢中になって作ってしまいました。ありがとうございます。(茨木市 Y・M)

あっという間の楽しいセミナーでした。自然の大切さを再確認しました。また、参加したいです。(吹田市 N)

いろいろな輪切りの木を見られて面白かった。大きな松ぼっくりには驚きました!(吹田市 M)

水と木についていろいろわかってよかったです。(吹田市 U・S)

先ず森と水の源流館スタッフから、スライドとビデオを使って、
             川上村のこと、森と水のことを学びます
先ず「森と水の源流館」スタッフから、スライドとビデオを使って、
川上村のこと、森と水のことを学びます。
「学べる屋台」で、森の木や木の実を実際にさわったり、匂ったりと子どもたちは興味津々
「学べる屋台」で、森の木や木の実を実際にさわったり、
匂ったりと子どもたちは興味津々。


山の手入れから出た雑木の小枝を使ってマスコット作り
山の手入れから出た雑木の小枝を使ってマスコット作り
自分で作った作品と一緒に全員で記念写真
自分で作った作品と一緒に全員で記念写真。
↑ ページの頭へ