ポレポレの会学習会にゲスト参加

若いお母さんたちが環境について考える

小さいお子さん連れの多かったポレポレの会セミナー

京都に様々な視点から環境を考える学習会活動をされているポレポレの会があります。ポレポレとはスワヒリ語でゆっくり、のんびりぼちぼちという意味だそうです。メンバーの一人がまどりにリフォームのコーディネートを依頼されたのがきっかけとなり、11月の学習会にゲスト参加をいたしました。

まどりからは自然環境のこと、安全な住まいについての話をさせていただき、会員の方からはご自宅の住まいに関するご質問など多数ありました。参加者の方々はほとんどが幼いお子さん連れで、次世代を担う子どもたちを育てている若いお母さん方の環境に対する関心、意識が高い姿に頼もしさを覚えました。

内容からは外れますが、会場として使用したのは藤森神社内の斎館。藤森神社は約1800年前に創建された古社で、5月の藤森祭に行われる駈馬は有名です。神社の斎館を一般市民の学習の場として提供されているとは、さすが古都ならではのことと感心しました。


参加者の感想

S・Mさん

今後の自分が住む住宅に夢ができました。いろいろ勉強をして、理想の家に住めるよう考えていきたいです。

F・Aさん

住むこと、食べること、全部つながっていると改めて感心しました。山が海を育てて、私の子どもも育ててくれるんですね。

Y・Jさん

できることから始めるの言葉が心強かったので、ちょっとした心遣いで改善できる話など楽しいなと思いました。


出張セミナーいたします

まどりは前身のコープ自然派大阪でのワーカーズコレクティブ活動を含めると約8年間、自然住宅のコーディネートや日本の森林の保全育成の推進などに取り組んできました。今まで培ってきた知識、情報を基に、皆さんのご要望に応じた内容のセミナーをご希望場所に出向いて行います。「ポレポレの会」のように、地域で様々な活動をされている方の勉強会のひとつのテーマとしてご利用ください。

↑ ページの頭へ