まどりセミナーNo12 報告

「肌にやさしい石けん作りセミナー」報告

 昨年5月に開催して大好評だった「石けん作りセミナー」の、第2弾。
今回も定員を上回る参加者があり、手作り石けんに対する皆さんの関心の深さが伺えました。今回の講師はスキンケアの石けんだけではなく、日用洗剤も環境に負荷の少ない素材で手作りをしている金子亜衣子さん。お菓子作りの講師もされているので、ティータイムではお手製のお菓子をいただきながら、環境にやさしい暮らし方にまで話が及び、参加者一同大変参考になったと喜んでいました。 1ヶ月の養生期間を経た石けんの出来上がりが楽しみです。


枚方市 Y・S さん

石けん作りは2回目なので今回は前より手順がわかり、家でもやれそうと思いました。楽しくて、生活を豊かにするものの手作りということで大変楽しかった。  

交野市 N・I さん

今まで石けん作りは大変そうと感じていたが、思っていたほど難しそうではなかった。ただ、うっかり屋なので苛性ソーダの取り扱いが心配。私も娘も敏感肌なので出来るだけ自分で作りたいと思う。

寝屋川市 I・Y さん

とてもわかりやすい説明で初めてでも楽しく作ることができ、あっという間に時間が過ぎました。途中のおいしいケーキとお茶を飲みながらの説明も良かったです。手際よく進めることが出来たのは準備とフォローがよかったからと思います。ありがとうございました。

大阪市 N・Y さん

ひとつの手作り作品が出来上がるのはとても胸ワクワク。愛情を注ぎ込み楽しい過程でした。また、自分でも作ってみたいと思います。

交野市 M・M さん

思っていたより簡単に作れるので驚きました。基本を知るとアレンジも可能なので楽しみがひとつ増えました。息子用に竹炭シャンプーを市販で買っていたので安心できるものが使えるのでうれしいです。本当に大満足のひとときでした。


石けんの作り方

1、苛性ソーダとオイルを攪拌
1苛性ソーダとオイルを攪拌
2、赤クレイを石けん生地で溶く。
2赤クレイを石けん生地で溶く。

3、溶いた赤クレイを生地に入れさらに攪拌。
3溶いた赤クレイを生地に入れさらに攪拌。
4、用意しておいた型に生地を流し込む。
4用意しておいた型に生地を流し込む。

1ヶ月の養生期間を置いて石けんの出来上がり!
1ヶ月の養生期間を置いて石けんの出来上がり!
↑ ページの頭へ