NPO法人まどり
ホームまどりとは住宅施工セミナー家具・雑貨プロジェクトブログお問合わせ
トップ  >  HOUSE & SHOP  >  HOUSE  >  HOUSE No.3

風を感じて暮らせる住まい


施工費 1,800万

子どもさんが独立され、夫婦2人住まいのMさん。1階だけで暮らせる間取りにしたいと常々思われていました。また、自然と密着した豊富な趣味を楽しまれているので、自宅でも趣味の仲間が集まる場所や作業スペースを確保したいという理由で、築25年の自宅のリフォームを決断。打ち合わせを重ねるうちに、最初リフォーム予定に入っていなかったご主人の書斎や書庫、玄関場所の移動と大掛かりな増改築に。そして、Mさんのご希望だった風通しの良い住まいともなりました。



お客様の声
「施工前は漠然とした想いだったものが、まどりさんや施工会社との打ち合わせを進めていく上で、はっきりとした形となり、思っている以上のリフォームが叶えられたことを嬉しく思っています。いろいろな想いを気兼ねなく言えたし、私の我が侭に一生懸命応えていただいたことも感謝しています。
 施工後に感じたことは、今まで「住」に関してはいかに無造作に暮らしていたということです。自然素材に囲まれた暮らしをしてみると「家」は暮らしにかなり影響を与えるということがわかりました。施工中は現場に頻繁に足を運び、家づくりの楽しさを味わった夫も、同じ想いを抱いたようです。
 施工前はとりあえず便利だからと購入していたものでも、本当に我が家の暮らしに必要なものかと検討するようになりました。暮らし自体を見直せる良い機会にもなりました」  (川西市 M・S)


スタッフの声
M邸にはじめて打合せに伺った時のことを今でもはっきり覚えています。
玄関の軒に干し柿が吊ってあったんです。それを見て、漠然と「このお仕事したいな…」と。(笑)
直感は正しく、ご夫婦の生活感というのでしょうか、自然体の暮らしや感性に惹かれ、お二人の暮らしに沿える住まいにしたいという思いで仕事を進めていきました。
趣味の染物などがしやすい広い玄関と軒下、大きな水槽、エアコンをなるべく使わなくても、風の通るゾーニングなどMさんとの共作と言える住まいは、Mさんの暮らしに沿ったものになったのではと思います。


■番外編