NPO法人まどり
ホームまどりとは住宅施工セミナー家具・雑貨プロジェクトブログお問合わせ
トップ  >  HOUSE & SHOP  >  HOUSE  >  HOUSE No.5

「Simple is Best」の暮らし方


施工費1回目154万 コーディネート費7.7万  施工費2回目270万 コーディネート費13.5万

神戸市の落ち着いた環境のマンションにお住まいのTさん。阪神大震災時に外壁に入ったヒビを修理するにあたり、室内リフォームも同時に検討されることになりました。日頃から安全性には気を使った暮らしをされているTさんなので、住まいも自然素材を希望し依頼いただきました。2回目のリフォームは前回のリフォーム時「施工会社、まどりさん、私の3者で充分な話し合いをしながら、納得のいく住まいづくりが 出来ました」と、依頼していただきました。



お客様の声
1回目
「担当者の方(施工工務店、まどり)が何度も打ち合わせに足を運んでいただきましたので、納得のいく内容になりましたし、無垢材に囲まれて気持ちよく暮らす事ができます」と満足されています。

2回目
依頼時のリフォーム箇所は冬場、底冷えのするリビングと洗面所の床の絨毯を無垢材に 貼り替える予定でした。しかし、話し合いを進めるうちに、使い難いL型のキッチンの問題も 浮上。予算的にすべては無理なので、今回はワンフロアーとなっているので、費用・施工両面 から合理的、経済的に対応できるキッチンとリビングのリフォームをすることになりました。
また、今後何回もリフォームは出来ないと考えられ、床暖房も思い切って設置。
「今年の冬が楽しみ。アドバイスどおりリビング重点のリフォームにして正解でした」とTさん。 (兵庫県 T・M)


スタッフの声
Tさんのお住まいはマンションの1階、明るい庭もあり素敵なお住まいです。二回目のご相談の時、水周りは十分に仕様に耐えうる状態だったこと、お嬢様はまだ幼く、水周りに対するニーズはもう少しあとに出てくることが考えられたこと、キッチンの方が経年による痛みなどもあり優先順位が高いこと、などの理由でリフォーム内容の変更を提案しました。床暖房はイニシャルコスト(初期費用)が大きい工事なのですが、あとから取り入れたいと思っても難しいこと、1階なので底冷えがすること、などの理由でお勧めし取り入れました。その後、「床暖房を入れていてよかった」と言っていただけたので安心しました。