I邸・増築工事

アクセス・キーについて (8)
文字を大きくする方法 (9)

機能的で心地よい仕事部屋

裏庭に約8畳の仕事部屋を増築されたIさん。片流れ造りの屋根は天井が高く、広がりのある空間が生まれました。既存の住まいと仕事部屋に通じる通路の外部には洗濯デッキも設けるなど、狭い空間をうまく活用したリフォームともなりました。朝、仕事部屋に入ると杉のやさしい匂い包まれ、幸せな気分で仕事にとりかかれますとIさんは満足されています。


I邸の屋根は、太い梁と桁が組合わさったもの

片流れ造り。天井近くに窓を設置。通気性のある構造に。構造材:杉


大きな一枚板のテーブルとベンチのある内部

資料を広げても仕事がしやすいように、横幅約360センチメートル、奥行き60センチメートルのパソコン台を作製。壁はタナクリーム(生石灰)に黄土とワラスサを混入。一部は裏庭で栽培していたレモングラスハーブの乾燥した葉を混入。窓枠内には麻布を貼って、目隠しと通気性の兼用を。来客用に一枚板のテーブルとベンチ3点も作製。


洗濯機のあるデッキは、赤みの杉で作る

デッキ床材は耐水性に優れた杉の赤みを使用。


ラティスで作り直した外壁。花や鳥の巣箱がかけられている。

以前ベランダで使用していたラチスを再利用。


I邸改装工事の主な仕様
施工場所 交野市
施工期間 2003年7月
施主とその家族構成 ご本人と長女・次女の三人家族
施工費用 約 450万円(家具を含む)・コーディネイト料 20万円
主な施工個所 増築と外溝一部、物干し台作成
↑ ページの頭へ