古民家再生

アクセス・キーについて (8)
文字を大きくする方法 (9)

時が作り上げてきた懐かしさと温もりを残しながら暮らしやすい住まいに

 材および構造の良さを活用した改築
I邸O邸ともに、日本でごく当たり前とされてきた、近くの木を伐り出して造られた家です。日本の気候風土に合わせて建てられた「夏涼しくて、冬は寒い」典型的な日本家屋。
梁や柱はまだ十分にその役目を果たせますので、使える材はなるべくそのまま使い、建築廃材を減らしました。国産材は循環型社会における代表資源なのです。
ご家族の今までの想い出を大切に残し、使い勝手の良い家にと生まれ変わった住まいは、木の温もりとともに、ゆったりとした時間が漂う雰囲気が流れる家となりました。