T邸キッチンリフォーム事例

アクセス・キーについて (8)
文字を大きくする方法 (9)

「住まいの核をキッチンに」

 食事はご夫妻一緒に、また、料理の腕前はプロ級のご主人が作られることも多いT家。
現在のキッチンでは狭いので、広くて使いやすく、食材の保管スペースが多いキッチンをご希望。
キッチン横の収納部屋を取り込んで、料理教室も開けるようなゆったりとしたキッチンとなりました。

「心地よい空間に満足」

まどりさんにコーディネイトして頂いたリフォームが完成して、早1年近くになりました。
北向きの天然冷蔵庫の部屋をつぶして、広いリビング キッチンにしたので、冬の寒さが心配でしたが、 コルクの床は思いの外、足元にやさしく、消音効果もあって喜んでいます。 まっすぐな4mのキッチンを主に使っているのは夫ですが、流しとコンロの間に十分なスペースがあるのが とても使い良いそうです。
 まどりさんに提案していただいて導入したアイランド型の食器入れは、上が流し と同じステンレスで統一されていて、盛り付けの際に、とても重宝しています。薩摩 中霧島の壁とアフリカのウェンゲ材を組み合わせてシックなデザインにして下さった 施工会社のセンスに感謝しつつ、グラスを傾けると、9つのスポットライトがグラス で屈折して、テーブルの上に9つの光が踊ります。2人で音楽を聞きながら静かに食事 をしても、大勢でわいわいと賑やかに食べても、心地よい空間に満足しています。                 (宝塚市 T・Y)


  
リフォーム前のキッチン
リフォーム前のキッチン
解体模様
解体模様

キッチンに隣接する部屋を取り込んで、ワンフロアに。


リフォーム後のキッチン
リフォーム後のキッチン
     

アイランド型キッチン。床のコルク材の色と部屋のイメージに合わせたシックな色合いに。

天板
天板
     

すべてステンレス。意匠的にも統一感のある部屋に。

  
T邸キッチンリフォーム工事
施工金額 315万円
コーディネート費 16万円