大阪府環境保全助成金活動
「河内長野市山の見学会」

2009年10月31日(土)
河内長野市

河内長野市山の見学会

まず、「ウッドベースかわちながの」製材所現場見学。
吉野林業の流れを組む河内材は年輪が細かく、木目が真っ直ぐなのが特長です。

河内長野市山の見学会

山に入り循環型林業を実践されている奥野さんの説明を受けます。

河内長野市山の見学会

伐採した木を安全な方向に倒すために必要なロープ掛け練習。
だんだん高い場所に紐を移動するのは最初至難の業ですが
林業家の指導でだんだん上手になっていきました。

河内長野市山の見学会

紐が絶対解けないようにする「もやい結び」を習います。
何回教えてもらっても上手く結べません。

河内長野市山の見学会

伐採した木をロープで引っ張ります。
斜面での作業は腰に充分に力が入りません。
でも、なんとかみんなで力づくで倒しました。

河内長野市山の見学会

間伐材の輪切り体験。子どもも大人もハマります。

河内長野市山の見学会

林道と山の間に小川が流れています。
サワガニもいるので、昼休憩に子どもたちは川遊びに夢中です。

河内長野市山の見学会

最後は林業家の皆さんに樹齢数十年の木の伐採を見学。

スタッフの声

全国でもっとも森林面積の少ない大阪府で、最大の林業振興地域である河内長野市。
府民の貴重な緑資源となっています。
参加者32名という大所帯になりましたが、大阪府森林組合の奥野壽一さん、岡田哲也さんと河内長野市林業家有志のみなさんのきめ細かな対応で、全員が怪我もなく山での貴重な体験を楽しみました。
セミナー後は参加者のおひとりが山の近くに築200年以上という古民家を管理されていて
その家をご好意で見学したり、帰り道に「道の駅」に寄ったりといろいろな内容がぎっしりと詰まった見学会になりました。
来年はまどりとしても念願だった、植林が河内長野市で実現します。
皆さんの参加をお待ちしています。

お客様の声

親も子も体験できないことを体験できたので、大変良かったと思います。子どもも帰りの車の中で、「今までで一番楽しかった」などと言っていました。
今の時代にはとても良いことのように思います。今後このようなことがあれば、子どもと一緒に体験したいと思います。リーズナブルな値段で、内容が良く楽しめました。日本(大阪)の林業の現状や体験が出来てよかったです。
山の中で食べるお弁当もおいしかった。木を切ったり、縄の結び方を教えていただきまして勉強になりました。ありがとうございます。

個人ではなかなか出会える内容ではなかったです。ありがとうございます。
現場の実情や思いを多くの人に知ってもらうことは大切なことですよね。
「大阪の木」を使う・・・ここにも地産地消があったことを考えてもなかったです。
身土不二ということからも、この土地に暮らす人間にとって、建物にとって、ピッタリの木ということですよね。

すごく楽しかったです。山の中に入って木を切るなんて体験はおとなも子どももとても素晴らしい事だと思いました。
日帰りでめいっぱい凝縮された内容で大満足でした。ありがとうございます。